カテゴリー: 08 執筆生活

2020年09月25日

日経ビジネス電子版で新連載「ORIENT」スタート!

【謹告】ついにスタート。日経ビジネス電子版での連載「ORIENT」

あの守屋 淳さんとの対談ものです。
楽しく「東西の叡智を未来に活かす」ことができたらと頑張って書いています。

対談って準備も大変だけど、その後、原稿にするのがとっても手間がかかるのです。対談自体は楽しいんだけどねえ。まずは連載 親頁のこちらからどうぞ。
なぜ対談記事嫌いの私が、この挑戦をするに至ったのかが書いてあります(笑)

これから毎週金曜に配信です。第1回は「爆発的成長」前編
がんばるぞ~。

2020年06月16日

『戦略読書〔増補版〕』発刊!そして…

6/1、ついに『戦略読書〔増補版〕』が発刊となりました。

1万文字以上を書き足し、100冊以上ブックガイドも増やして、でもA5変形版の単行本とは体積比で半分以下の小ささ。価格も税抜き1000円で単行本の半分強。これはお得だ!(笑)

これはまさに「血と汗と創意工夫の結晶」なのですが、それは文庫版のあとがきに書いたので、そこで。
もちろん、まずは本自体を読んでみて、いくつ見つけられるかチャレンジを(笑)

新刊が出たらなんと言っても書店巡りです。
いくら本を出しても、店頭に並んでいなければ、本は売れません。
じゃあ、ドーンと積んであれば良いかというと、そこには責任が発生します。いくら積んでも大して売れないのであれば、すぐに展開は縮小されます。厳しいのです(T-T)
東京だと地元二子玉川の3店の他に、丸善の丸の内本店・日本橋店、三省堂書店の有楽町店・池袋本店・神保町本店、紀伊國屋の新宿本店・大手町店、そしてBook1stの新宿本店(コクーンタワーのB1,1階)には必ず行きます。
丸善 日本橋店は出版社からの発送日である6/1 にはもう大展開されていて(゚◇゚)ビックリ。

そして6/2には丸善 丸の内本店でも。

これくらいになると、プレッシャーが掛かってきます。1日数冊売れましたでは済まされません。ドキドキです。
この写真は、1階正面通路のビジネス書新刊コーナー(の文庫本棚)だったのですが、3階文庫本売り場では大きな展開はなく、内心「大丈夫かなあ」と思っていました。

それから2週間後、また丸善 丸の内本店を訪ねたら、上記の展開がなくなっているではありませんか!うわっ。
恐る恐る正面奥へと歩みを進め、新刊コーナーを巡りましたが平積みで少しあるだけ…。う~ん。これはマズい。
そのときふと見上げるとそこは丸の内本店での週間ランキングコーナー。

なんと、文庫で6位!!!
文庫は判型だけの話なのでノンジャンル。五木寛之やカミュや原田マハと戦わなくてはなりません。そこで東野圭吾より上だなんて!!こんなこともう一生無いかも。
でもやっぱり1階で大きく展開してる場所はなく、では3階文庫本売り場へ行こうかと思ったその瞬間、目の前を、両手に『戦略読書〔増補版〕』を山ほど抱えた店員さんが歩いているではありませんか。そして特設の平台にズンズン積んでいきます。 ほどなく完成したのが 、コレ!

12面120冊の階段積みにしたディスプレイです。
素晴らしい。もう責任はともかく、嬉しいの一言です。
作業を終えた店員さん(1階売場長さん)としばし歓談と密談を少々(笑)
その後、店長・副店長さん、3階の文庫本担当の方ともお話ししました。

次にお邪魔したのがBook1st新宿本店。HALのコクーンタワーB1Fがビジネス書売り場、1Fが文芸書や文庫です。ここで大陳(たいちん、大量陳列の意味。スーパー用語であり書店用語ではない。たぶん…)が行われているとの噂を聞き、行ってきました。
いつも通りまずはB1Fに。ここには著者別の「三谷宏治」コーナーがあるんですよねえ。そしてその隣には、面陳も。文庫版も入ってます!

この本は判型でなく、やはりビジネス書と並んでいる方が売れるんじゃないか、などと担当の方とお話し。さっそく、3面平積みの『新しい経営学』の一部を使って展開してみましょうか、との話になりました。

でも、凄かったのはやはり1Fでした。

文庫コーナーを彷徨った後、文庫のレジ横に新刊の面陳コーナー。そこにズラリ。

ここで店員さんをつかまえてご挨拶したら「もっと並べているところあるんです!」と正面レジ前の新刊コーナー(というかタワー)に連れていってくれました。
それが、これ!

奥が鏡の新刊タワーです。各出版社1冊ずつの推し本が36面!
この左手がキャッシャーなので、お客さんはここを通らざるを得ません。
これはなかなかの衝撃的風景でした。お腹いっぱいです。
もう後は、より多く手に取ってもらえるのを祈るしかありません。

帰宅後Amazonを除いたら「カテゴリー1位」のマークが。
もともとの「読書法」ではUnlimitedの関係ない本が1,2位を占めていて、ずっと3位だったのですがフシギなことに「図書館情報学」には本来の読書法の本がズラリと並び、そこで1位となっていました。

φ(゚Д゚ )フムフム…。なんにしろめでたい。

時節柄、『戦略読書〔増補版〕』のプロモーションイベントはオンライン中心。
6/10 730~900 『戦略読書〔増補版〕』@朝渋 (無料)
6/17 1900~2030 『戦略読書〔増補版〕』@アカデミーヒルズ(150名満席、有料、本付き)
7/9 1900~2100 『戦略読書〔増補版〕』@KIT① (Zoom、本提示が参加条件)
と続きます。 全国どこからでも参加できます!これぞオンラインパワー。
そしてついにリアル版も。
7/16 1900~2100 『戦略読書〔増補版〕』@KIT②(40名限定、本持参が参加条件 )
申し込みはお早めに~。

2020年03月14日

最近のネットメディア記事です

最近ネットに上がった記事です。やっぱり『新しい経営学』関連が多いです。

その1: Goodfind College(スローガンが運営)
コーヒーで学ぶ最強の企業分析フレームワーク


これは次女がエディターをやったので、原稿のやり取りは家族LINEでという家内工業的作品(笑)
でもなかなかのもの。

その2: プレジデントonline〔PRESIDENT 2020年1月17日号〕より
とにかくわかりやすい「女子大生向け」経営入門
“百戦錬磨”MBAホルダーも目から鱗



PRESIDENTの1月17日号で掲載されたものの転載。確かに東京駅構内の本屋さんに聞いたら「コンサルタントが買っていきますよ」と。

その3: プレジデントonline〔 PRESIDENT 2020年2月14日号 〕より
「知っていると評価が上がる」経営学を理解できない人のための3分講座
小難しい経営学をさくっと俯瞰する



これも PRESIDENT からの転載。たまたま企画が2本も(ほぼ)連続した珍しい例。

その4:ビジネス書評はペライチで(2019/11/11)
【1枚でわかる】『新しい経営学』三谷 宏治


いわゆる書評ブログですが、手法が割り切ってる。図1枚に命を賭ける私としては、嬉しいですね。

その5: 荒木博行のbook cafe(2019/10/02)
『新しい経営学』三谷さん対談その1~3


元グロービスでお世話になった荒木博行さん、独自メディアや書籍で強力な発信者になってます。楽しい対談、3連発。



2019年11月22日

『新しい経営学』もう4刷。好調です!

9月27日に発刊となってもうすぐ2ヶ月。
多くの書店で平置き、タワー積み、面陳の展開をしていただいたお陰で、増刷が続きもう4刷となりました。

紀伊國屋書店の全店ランキングでは経営ジャンルで週間1位も!



これは嬉しい。特定ジャンルとはいえリアル書店の1位はなかなか取れないので。
特に大都市圏のターミナル駅周辺での動きが良いとか。もっと多くのみなさんに読んでいただけるよう、頑張りマス~。

2019年09月25日

書店巡りの幸せな一日

今日は書店巡りの一日でした。9軒かな。よく歩いた一日。
新宿に始まって、中央線で東京駅に動き、歩いて周辺の書店をぐるりん。あ、銀座線で日本橋から京橋まで動いたか。



写真下段は大量陳列の大型店。左から丸善丸の内本店(オアゾ)、丸善日本橋店、八重洲ブックセンター!
上段はいろいろ。多面展開の紀伊國屋新宿本店、東京駅改札内のHINT INDEX、ブックファースト新宿店。
他にもジュンク堂池袋店、三省堂有楽町店、蔦屋家電にお邪魔しました。

印象に残ったこと。もちろん、丸善丸の内本店の160冊陳列も再迫力なのですが、いろいろ感じたことがありました~。

・八重洲ブックセンターは正面入り口の正面に58冊の山積み。こんなの始めて。ビビってたら、担当者に「売れてますよ!あの場所で大丈夫です」と励まされた
・丸善日本橋店でたまたま隣があの『三体』。中国SFの最高傑作のひとつで今ちょうど読んでいる本。邂逅というべきか
・HINT INDEXではレジの店長さんといろいろお話。「今朝から3冊売った」「どことは言えないけどコンサルタントが多いですよ(領収書でワカる)」などなど。小型店ならではだなあ。最後に「これからも良い本書いてください!」と言われる

いや、まずはこの『新しい経営学』をちゃんと広めてから・・・・・・(笑)

Amazonランキングでは朝方、総合で1000位以内に入り、カテゴリー別でも5位以内に入るようになってきたのでした。

Amazon 売れ筋ランキング: 本 – 761位
5位 ─ MBA(経営学修士)
3位 ─ 経営学 (本)
とかに。



できれば1位を取りたいけれどFUCTFULNESSとかは総合で30位とかなので相当な強敵なのであった。

二子玉川の蔦屋家電では展開が狭まっていて、朝はシュンとしていた私ですが、一日かけて7店まわっていろいろ店員さんや、バッタリ出会ったディスカヴァーの社員さんたちとお話しも出来て、その他とても幸せな一日でした。

2019年09月18日

『新しい経営学』9月19日頃から全国35店舗で先行販売!

紀尾井町のディスカヴァー21で刷り上がったばっかりの『新しい経営学』と対面してきました。造作としては120点の出来映えです。とても美しく、楽しげです。

この本、色々な工夫がしてあるのですが、私も知らなかったのが見返しの紙。サインを書くのは普通、表紙をめくった見返しという所なのだけれど、そこが王子製紙のミラーコート・ゴールドという紙になっていたのです。「鏡のような強光沢を有するキャストコート紙。反対面は風合いある上質紙仕上げ」だそうで、つるつるの紙なのです。だからボールペンはダメでマジックでサイン。サイン本をつくるために、ゲシュタルト崩壊と闘いながら頑張りました~

さて本論。本の発売は9/27なのですが、全国35の書店で先行販売を行います。北は札幌から南は福岡まで。今日 18日出荷なので、19日以降、店頭に並ぶそうです。ご興味ある方は是非。



ここでの動きを他のお店が見て発注をかけるので、著者にとってはとても大切なお店なのです。中には200冊積むところもあるとか!! 以下、北から順番に並べています~。

先行販売店リスト
札幌 紀伊國屋書店 札幌本店
札幌 三省堂書店 札幌店
東京 丸善 丸の内本店
東京 紀伊國屋書店 新宿本店
東京 三省堂書店 有楽町店
東京 八重洲ブックセンター本店
東京 丸善 日本橋店
東京 ブックファースト 新宿店
東京 ジュンク堂書店 池袋本店
東京 代官山 蔦屋書店
東京 三省堂書店 神保町本店
東京 有隣堂 アトレ恵比寿店
東京 三省堂書店 池袋本店
東京 BOOK EXPRESS 東京駅京葉ストリート店
東京 文教堂書店 浜松町店
東京 三省堂書店 東京駅一番街店
東京 丸善 お茶の水店
東京 有隣堂 ヨドバシAKIBA店
東京 二子玉川 蔦屋家電
東京 紀伊國屋書店 大手町ビル店
東京 三省堂書店 成城店
東京 HINT INDEX BOOK(エキュート東京)
川崎 丸善 ラゾーナ川崎店
川崎 有隣堂アトレ川崎店
横浜 有隣堂 横浜駅西口店
名古屋 三省堂書店 名古屋本店(ゲーゲートタワーモール)
京都 大垣書店 烏丸三条店
大阪 紀伊國屋書店 梅田本店
大阪 ジュンク堂書店 大阪本店
大阪 大阪屋栗田iBC(ブックスタジオ大阪店)
大阪 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
大阪 紀伊國屋書店 グランフロント大阪店
大阪 梅田 蔦屋書店
福岡 ジュンク堂書店 福岡店
福岡 丸善 博多店

2019年09月01日

『新しい経営学』刊行前イベント、9/21と9/20!増席も

ディスカヴァー21で行われる刊行前イベントは、9/20の回が早々に満席となったため、増席しました!(80→90席)まだ若干余席があるようです。お早めに!
https://renovationofmbabasics-002.peatix.com/

急遽追加した9/19イベントも、同じく増席しての対応でしたが、現状は満席です。でもキャンセルが出るかもしれませんのでご興味ある方はときどき覗いてみてください。
https://renovationofmbabasics-001.peatix.com/

本の制作上でいえば、もう明後日には印刷所に入稿です。いま最後のツメ(校正)をやっています。18万文字は伊達ではなく、大変です。かつ、索引等もある(最後にしか作業出来ない)ので大わらわ(笑)

カバーデザインもようやく完成間近。これは完成手前のものですが、ヒミツでちっちゃくご覧に入れます。どうでしょう?

2019年08月20日

『新しい経営学』発刊直前イベント、9/20です!

https://peatix.com/event/1308129/view?k=1b41c021e22bb21def390950ec63c3cbc3757558

ついに『新しい経営学』出版イベント第1弾の告知解禁! ディスカヴァー・トゥエンティワン主催のものです。

日時|2019年9月20日(金)19時~21時(18時半開場)
場所|ディスカヴァー・トゥエンティワン セミナールーム

発売予定時前のイベントはホント綱渡りでドキドキです。一般発売日前に本をサイン入りで手に入れたいマニアなあなた向け。でも本の内容は副題にあるように、働くみんな向けなのです。

”女子栄養大学で現役大学生を相手に行われた講義をもとに大幅な加筆・アップデートを経て書籍化されるもので、図版180点超、総文字数18万字超の三谷さん渾身作

経営学基礎本の定番化に向けて頑張るぞー。

本のカバーデザインもこんな感じになる予定。どうですか?

2019年08月12日

『新しい経営学』再校ゲラ校正中

本作りは本当に楽しい。
私ができることの中で、もっとも芸術に近く、かつ、とてもビジネス的だ。構成力や進捗管理とかね。
また、個人(著者)による部分が大きく、かつ、決してひとりでは完成しない。デザインやDTPなど多くの専門能力の結晶だ。

さて、再校ゲラのチェック終了。
でもまだ目次も索引も図版もあるから、三校でもう一仕事だ。



同時にディスカヴァーやアカデミーヒルズ、スローガン、KIT虎ノ門、高校生や名古屋有志のみなさんと、販促プランを着々と。
いろいろやるので乞うご期待~。

2019年03月18日

本書いてます2『19歳の経営学(仮)』15万文字突破!

いつも感じることですが、本の執筆って最後が大変なのです。


構成決めて書いていくのは、ジグソーパズルに似てるのですが、実はパズルのピースの形がちゃんとは決まっていないので、最後が急に大変になります。

書きやすいところから書きたいように書いていくと、後半のピースはそれまでのピースとの整合性を取らねばならず、だんだん大変になってくるのです。

だから、労力や気の使い方としては、最後の2割に半分は掛かったりします。
つまり、8合目まででまだ道半ばなのです。(今回は図版も多いしね)

ということで、今がようやく8合目。文字数的には15万文字を超えました。
このままだと『経営戦略全史』の17万文字と同じくらいになりそうです。
スクリーンショット 2019-03-18 09.57.12.png