プロフィール

1964年 (0歳)

大阪で三谷家長男として生まれる。

本好きで不言実行の父・繁と、絵や書が好きで誉め上手の母・秀子の長男として誕生!姉と弟との三人兄弟の真ん中でもある。

1966年 (2歳)

福井に転居。

実家の稼業は八百屋さん。毎日がお手伝いの山。

1970年 (6歳)

永平寺町立吉野小学校に入学。

入学早々4ヶ月間の入院生活へ。担任の先生から100冊の本を差し入れてもらい、読書に目覚める。 また、クリスマスプレゼントが100冊の本だったことも!

1976年 (12歳)

松岡中学校に入学。

このころから教える喜びに目覚める!?友人に勉強を教えるのが得意。

1979年 (15歳)

福井県立藤島高校に入学。

卓球部、でもすぐに帰宅部に。毎日、親友と勝木書店に通う。 京大進学を目指すが、模試ではC判定。仕方なく、評価がよかった東大を目指すが、あえなく失敗。

1982年 (18歳)

駿台予備校で浪人生活を経験。

予備校で人気予備校講師の授業を受け「教える技術」の存在に気づく。親友と、毎日三省堂書店に通う。時間があったので歴史小説にも手を出す。「竜馬がゆく」全8巻を6日で読破。

1983年 (19歳)

東京大学理科一類に入学。

日本の広さを知る。結構勉強に打ち込む。理系だが文系科目や特別演習科目も履修。

1985年 (21歳)

理学部物理学科に進学。

核融合、生物物理、素粒子論等をかじる。夜な夜な実験準備室で友人たちとマリオに興じる。 ボストンコンサルティンググループでサマーインターン。これが人生を変えた。面白い!

1986年 (22歳)

「志於学」(論語)

「自分を鍛える」ことを重点に置き、進学よりも就職を選択。

1987年 (23歳)

ボストンコンサルティンググループ入社。

「自分を鍛える」ことを重点に置き、進学よりも就職を選択。1年目は絶好調で楽しく過ごす。

1988年 (24歳)

結婚。

2年目の冬、最も大変だった時期と重なり、結婚式の打ち合わせには一度も出席せず。

1991年 (27歳)

長女誕生。

生後2か月でフランスに。本人は覚えていないが、パンク・ベイビーと呼ばれ、皆のアイドルだった。誰にだっこされても泣かなかったからね。

1992年(27歳)

INSEAD 仏フォンテーヌブロー校に留学。

世界の広さを知る。38ヶ国からなる学友と「異文化交流」の何たるかを実感する。世界はかなりデコボコだった。

1993年 (29歳)

次女誕生。

生後数ヶ月でフランス旅行。友人たちに長女そっくりだと驚愕される。でも中身はCool
娘たちには学力よりも大事なコトを身につけさせたい!地元の保育園、地元の小学校・中学校で、何を学ぶ?

1995年 (31歳)

「而立」(論語)

ある夜、友人との雑談中、コンサルティングを我が天職と知る。よし、30代はコンサルティングを頑張ろう。

1996年 (32歳)

アクセンチュア入社(戦略グループ)。

入社時の条件として「社内ローカル研修の構築責任者」を申し出る。それから数年、数十の研修コンテンツを作り、講師を育てる。
代講講師としてグロービスで講師を始める。マーケティング基礎から始めるが、すぐ経営戦略を担当。

1997年 (33歳)

三女誕生。

最も我の強い三女。長女、次女に鍛えられつつ、独立独歩、唯我独尊。誰に似た!?

1998年 (34歳)

『CRM―顧客はそこにいる』の初版、出版。

初めて本を書く。共著でもあり大変だったが、増補改訂版を合わせ5万部超のCRMベストセラーとなる。

1999年 (35歳)

「志於教」(造語)

40歳になったら新しい領域に進みたい、と思っていた矢先、弟との会話にヒントを得る。次のフィールドは教育だ!

2000年 (36歳)

パートナー就任。

自分もチームも楽しく成長できること、かつ、顧客に革新的な戦略を提言することに挑戦。この頃から社外の社会人教育の依頼が頻繁に来るように

2003年 (39歳)

戦略グループ統括 エグゼクティブ・パートナーに就任。

入社時40名程度だった戦略グループも150名を超える。規模と質の両立を目指し、運営の仕組みを整備する。
戦略グループ、200名突破。BCG、マッキンゼーと並び、日本トップクラスの規模に。

2006年 (42歳)

アクセンチュアを退社。

経営コンサルティングには一区切り。アクセンチュアには9年と11ヶ月。これからは教育(共育)の道へ!

グロービス経営大学院 客員教授に就任。

グロービスでは96年から経営戦略等を。今は自ら作ったイノベイティブ・ストラテジーがメイン。自社の「大逆転戦略」を作るレポート必須のハードな科目。(2017年3月まで)

2007年 (43歳)

区立小学校 PTA会長を務める。

3人の娘たちがお世話になった恩返しにと。役員チームは最強。非常な苦労を掛けたけれど・・・

2008年 (44歳)

K.I.T.(金沢工業大学)教授に就任。

殿村さんに誘われて。ビジネスとアカデミズムの融合、IT・知財とビジネスとの融合、そして、KITブランドの首都圏での確立を目指す。

同 主任教授に就任。

09年からのビジネスアーキテクト専攻を担当。ブランド構築、カリキュラム再編、教員陣強化に取り組む。

2009年 (45歳)

『正しく決める力』出版。

「思考法」における集大成的な本、第一弾。効率的・効果的な意思決定のために!若者向けで実は親向けの本?

早稲田大学ビジネススクール 客員教授に就任。

早稲田では06年からCRMを教えている。これも自社課題のレポート付き講義。

『発想の視点力』出版。

同、第二弾。ジャンプのある発想のために!

2010年 (46歳)

『ハカる考動学』出版。

『発想の視点力』の「ハカる」だけで一冊書いて!とd21社長 干場さんに要望され。

『コンサルタントの整理術』出版。

初のノウハウ本。でも実は『正しく決める力』の実践本でもある。

『お手伝い至上主義でいこう!』出版。

プレジデント社の中嶋愛さんに「三谷家3姉妹の本を書きましょう!」と言われ。

『ルークの冒険』出版。

初の子ども向けの本。いつかは書こうと思っていたがこんなに早く来るとは。

『ペンギン、カフェをつくる』出版。

『観想力』をわかりやすく書き直す、くらいのハズがルークのカフェ作り本に!

『一瞬で大切なことを伝える技術』出版。

かんき出版の濱村さんに「寸止めせずに全部答えまで書くこと」と言われ。『重要思考』の教科書なのだ!「啓文堂 ビジネス書大賞2012」受賞!5万部突破 !!

2012年 (48歳)

『実例で必ず身につく! 一瞬で大切なことを伝える技術』出版。

さまざまな実践事例が読者から集まったので、それを中心に。『重要思考』をすぐ使いたい人に最適。

『DVD 一瞬で大切なことを伝える技術』発売。

『伝える技術』を人に伝える・共有するための「研修」をスタジオ収録。プレミアム版はボーナスDVD「応用編:ほめる力」もついた2枚組。

『超図解 全思考法カタログ』出版。

2012年末にコンビニエンスストア限定で発売され、13年3月に書店版発売。論理思考と発想思考+デザイン思考の20ツールが概観できる。

2013年 (49歳)

『経営戦略全史』出版。

ディスカヴァーの干場さんに「私が知りたい!」と言われて書いた本。吉岡秀典さん、長崎訓子さんらクリエイターたちが集結した420頁のアートでもある。ダイヤモンドHBRベスト経営書2013第1位、ビジネス書大賞2014大賞。

『親と子の「伝える技術」』出版。

わかっているけど…という親向けの楽しくインパクトある内容とデザイン。「脱ワンワード週間」のシートとシール付き!

『伝わる書き方』出版。

伝える技術の「書き方」版。プレゼンテーションのトークのように書く、いったん書いてから直す、がコツです。

2014年 (50歳)

『一瞬で大切なことを決める技術』出版。

『正しく決める力』を全面改訂して、文庫本で新登場!これが「決める力」の原点だ。

韓国「K.E.Y. Platform」レクチャー講演。

韓国エグゼクティブ数百人に、英語で!久しぶりに全部書いて、凄い練習して、完璧に読んだ(笑)

『ビジネスモデル全史』出版。

ダイヤモンドHBRでの論文執筆からスタートした、全史2冊目。古今東西のビジネスモデル・イノベーションを楽しく学ぼう。ダイヤモンドHBRベスト経営書2014第1位!

『戦略思考ワークブック【ビジネス篇】』出版。

「重要思考の練習をもっとしたい!」という熱烈な声に応えて書きました~。20問、20答、1プロセス!

2015年 (51歳)

『シゴトの流れを整える』出版。

『コンサルタントの整理術』の改訂・文庫版です。早めにやる、で人生が変わりますよ~。

『発想力の全技法』出版。

『発想の視点力』の改訂・文庫版です。軸値幅で発想する「JAH法」が学べるのはこの本だけ!「発想力」の原点です。

『戦略読書』出版。

本は楽しく読みましょう。でもちょっとだけ、戦略的な資源配分も。多くの「本紹介」がついています。

2016年 (52歳)

『「ハカる」力』出版。

『ハカる考動学』の増補改訂版です。 今こそハカる力でブレークスルーを。

女子栄養大学 客員教授に就任

食文化栄養学科で必修科目「基礎経営学入門」を教えています。マンガとビジネスモデルで楽しく講義。

『マンガ経営戦略全史』出版。

95年までの「確立篇」と以降の「革新篇」、マンガになって同時出版です。これはとっても面白いぞ!

『お手伝い至上主義!』出版。

『お手伝い至上主義でいこう!』の改訂版です。あれから5年、三谷家3人娘たちはどう育ったのでしょう~

『伝説のプレゼンターへの道!』出版。

「お前のプレゼンテーションはBCG東京オフィスで下から2番目」と上司に言われた私が、それをどう克服してきたのか……。

PAGE TOP