発想力

発想力は発見力。無から有を生み出す力でなく、世の中の出来事から真実を、そしてジャンプのある解決策を見つける力を鍛えましょう。まずは、比べる・ハカる・空間で観るワザを身につけること。子どもたちにはまず興味から。この世のフシギとそれを見抜く目を伝えます。

1. 正しく発見する力

比べる
ハカる
空間で観る
単なる発散と収束、ではジャンプのある発想には決してたどり着けません。それは結局、マジョリティでの共通点を探しているからです。
必要なのは発散と選択、そしてその深掘りです。
面白いものを見つけるためのワザが「比べる」「ハカる」、そしてそれを深掘りするための ワザが「空間で観る」です。
「白目はなぜ白いのか」「冬はなぜ寒いのか」「空気はなぜ透明か」といった問いを、どう見つけますか?どう解きますか?

2. フシギ・シリーズ

これは主に子どもたち向けのコンテンツです。子どもたちの発想力を伸ばすために、必要なのは「発見の驚き」です。
身の回り全てのことに驚きがある、学校で習っている教科書の中にもヒミツがある。そんな驚きやヒミツを伝え、発見の練習をします。
同時に、どうやってその発見が導かれたのか、つまり発見の視点や手段、プロセスを楽しく伝えるのが、この「フシギ」シリーズです。

発想力に関するブログ記事

その他の記事を読む
totop
Copyright(C)KOJI MITANI